読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごにょごにょブログ

カメラ、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

Canon EOS 5Ds/5Ds Rに思うこと

カメラ・スナップ

ついに一眼レフは5,000万画素を超えてきた。

これまではハイエンドでニコンソニーが3,000万画素台の機種を出していて、キヤノンは2,000万画素台だったのが、ここに来てキヤノンが大きく他社と差をつける形となった。

 


キヤノン:世界最高画素数の約5,060万画素CMOSセンサーを搭載 高画素デジタル一眼レフカメラ“EOS 5Ds/EOS 5Ds R”を発売

 

仕様や注目点、Rの意味とかは、情報サイトを探してもらえればわかると思うので、ここでは割愛して個人的に感じたポイントにコメントを足していく形で。

価格

engadget(日本語版)によると、それぞれの価格はボディのみでこのような感じ。

  • EOS 5Dsが46万8000円
  • EOS 5Ds Rが49万8000円


キヤノンEOS 5Ds発表、EOS史上最高5060万画素フルサイズセンサー搭載 - Engadget Japanese

 

個人的には手が出ない価格設定だが、「5Dシリーズだし、まぁ、そんなもんかな」と大した驚きはなかった。

 

素数

5,060万画素は解像度にすると【8,688×5,792 pix】で、8Kすら超えている。ちょっと望遠が足りない時のクラップ撮影や、撮った後にトリミングしてもまだ持て余しそうな画素数

これだけ画素数が上がると気になるのはファイルサイズで、調べてみるとフルサイズ(50M)のRAWでは約60MBにもなるらしい。64GBのSDカードで1,000枚前後。SDカードの容量自体はパソコンに移せば消すからさほど問題ないだろうけど、パソコンの方が大変だろうなぁ。数TBのHDDを用意するか、Blu-rayに書いてパソコンはJPEGにしとくとか回避方法はあるけど。

 

画像処理エンジン

高解像度化で画像処理エンジンが連写時にデータをさばけなくならないように、画像処理エンジンを2機積んでいる(デュアルDIGIC 6)。また、ここで一つ面白いと思ったのが、オートホワイトバランスにホワイト優先と雰囲気優先の2つが用意されたこと。サンプルにもあるように料理撮りなどで(暖かい)雰囲気を残しつつもホワイトバランスを合わせたい時に使えそう。

 

ちょっと気になる

最後にちょっと気になったところを。

センサーは自社生産?

商品ページの概要に書いてあるここが気になった。

デジタル一眼レフカメラに望みうる最高峰の解像性能を目指すEOS 5Ds。そのため、新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載しました。自社開発・自社生産によって蓄積した半導体技術を駆使。高画素化と高S/N比、広ダイナミックレンジをバランスさせ、有効約5060万画素の高解像力、ISO 100~6400(拡張時L:50、H:12800相当)※の感度域、豊かな階調を実現しています。さらに、偽色・モアレを軽減するローパスフィルターにも解像性能を重視したチューニングを施し、あらゆる被写体への対応力と鮮鋭な画像を両立させました。

今回のCMOSセンサーはCanonが製造しているか否か。揚げ足を取るような読み方なのかもしれないけど、この文面ではどうにも「自社生産してますよ」とは読み取れなかった。他のソースやカタログ等で自社生産の旨が書いてあるのかもだけど。もしも違うとなるとソニー製かなぁ。

でも、こんな感じで否定されているしなぁ。きっと深読みし過ぎなんだろうなぁ。

EOS 5Ds / EOS 5Ds R のセンサーは完全にキヤノン社内で開発・製造されたもの - デジカメinfo

SONY α9(またはα7R II?)が?

フルサイズミラーレスのα7シリーズのラインナップに5,000万画素級の機種が投入される噂があるとかないとか。今回のキヤノンEOS 5Ds/5Ds Rのセンサーが「ソニー製では?」と噂になったのも、CMOSセンサーとカメラ本体を作っていて、お家芸【小型化】を持つソニーならでは…の気がする。

あとは、もしもα9(またはα7R II?)が出るとしたら、いくらになるのだろう。フルサイズを重さ的にも価格的にも手軽に持てるようにしたα7。この流れでフルサイズ50Mが30万台で手に入るとしたら、結構スゴいと思うけど…

5Ds Rが人気?

カカクコムのクチコミ掲示板への書き込みを見ると、圧倒的に5Ds Rの方が盛り上がっている。この価格まで行くとお金を出しても高画質の機種を、外でバンバン撮るよりも整った環境で三脚を立ててカリカリの一枚を撮る感じなんだろうなぁ。

発売が遅い

せっかく話題性十分の機種が投入されたのに、発売は約4ヶ月後の2015年6月とかなり遅くなる。これはもったいない。

 

 

さて、今週木曜日から日本一のカメラのCP+2015でカメラの新機種情報が続々出てくるはず。
去年は大雪&ノロウイルスで断念したが、今年は行きたいなぁ。
でも、会場のパシフィコ横浜は交通の便が悪いしなぁ。
行くけど。