読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごにょごにょブログ

カメラ、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

Xperia Z3を買いに行ったら、iPad mini 3も持ち帰っていた

スマホ・PC 物欲

半年くらい前にソフトバンクiPhone5sを2台キャッシュバック(CB)目当てで契約し、ようやく短期解約違約金の期日が過ぎた。この契約は、月月割がほとんどない上に2台とも定額通話が付いているので、数万円のキャッシュバックと端末を売ったお金で半年間の使用料金を支払い、最短の契約日数だけ凌げばトータルでプラス、数ヶ月置けば直ぐにマイナスになるグレーな感じで、マイナスにならないようこの土日で乗り換えることにした。

Xperia Z3が断然お得だった

ソフトバンクからMNPにするとなると、ドコモとauの2択で今回はおかえり割の恩恵を受けられるドコモへ出戻りすることにした。機種はiPhone5sをiPhone6にするか、Xperia Z1をXperia Z3にするか悩んだけれど、ちょうどキャンペーン期間中でXperia Z3が一括0円かつ30,000円の商品券が貰えた(ただ、月々サポートは810円)し、以前にinstagramXperia Z3を絶賛した手前もあってiPhone6にはしなかった(裏のロゴは仕方ない)。

http://instagram.com/p/tuTrBcL9Ev/

Xperia Z3の先行展示が今週から銀座のソニービルで始まったので、渋谷から銀座へ。XperiaシリーズはZ1以降変わり映えが無いなぁ~なんて思ってたけど、Z3の完成度が高すぎるのと評判もイマイチなiPhone6 Plusをキャンセルして、Z3を買うのにした。それにしても、左からソフトバンク、(ロゴ無し)、ドコモ(裏側センターにロゴ)、au(下部に控えめロゴ)でドコモ版のダサさは表から裏に代わっても健在か…

 

以下は、この料金の仕組みのカラクリに興味がある人向け…
偶然にもドコモでは今月の20日から【端末購入サポート】なる、ソフトバンクでは以前からあった端末代金を一括1円にして購入時の負担を減らし、実質1円のような分割と月々の割引を24ヶ月毎月ぶつけて最後に0円になるやり方でもなく、正真正銘購入時点で残債が0円になる。しかしながら、美味い話には裏があるわけで、これの着目すべき点は月々の割引が雀の涙になる。「それなら即解約すれば端末が無料で手に入る」こともなく、半年以内の解約に対しては端末代金の半額を違約金となる。

 

そんなわけで、一括0円のXperia Z3と商品券30,000円分をゲットした!

…で、今回はここで終わらない。

 

iPad mini 3も…

今回ドコモに移るにあたっては、嫁のAndroidiPhoneの2回線をシェアグループに入れて、どちらかはデータ通信プランにするのに画策していた手の内をつい今回対応してもらった店員さんに話してしまった。すると、「それをやるならですね…今タブレットを一緒に買う方がお得ですよ!」と言われて、「きたきた、タブレットと抱き合わせで安く見せるやつだな」と思いつつも話しを聞いたら、こういうことだった。

  1. MNPを使わずiPad mini 3をデータプランで新規契約
  2. 端末代金は掛かるが月々サポートが3,105円なので月額利用料はマイナス500円になる
  3. iPad mini 3で作ったSIMを白ロムのAndroid端末を挿す
  4. 嫁のドコモ契約の回線でiPhone6に機種変更する)
  5. MNPの弾の1つは使わずに解約してしまう

と言うものだった。確かにこれなら、目的は達成できそうだったがやはりMVNOが月1,000円位なのを考えると、この話しではどうしてもデータプランで2,000円位の費用が出てしまうので、承諾を渋っていたら「わかりました!今日はタブレット販売強化月間の最終日で、通常10,000円CBのところを、更に10,000円足して20,000円CBにします!」と言われ、頭をフル回転して「トータルで得だ」と思い、抱き合わせ契約することにした。

「トータルで得だ」と思った背景には、

iPhone4sの下取りが現金に近い形でできる

母親のiPhone5sへの機種変更時に不要になったiPhone4sを貰ったが、使い道は目覚まし時計くらいしか無い上にDockコネクタの充電ケーブルも邪魔だったので、ドコモの下取りに出したかったのが、Xperia Z3だと一括1円なので下取りは使い道の無いドコモポイントになるから、iPad mini 3の一部に使えるのは好都合。

iPad mini 2を持ってるけど

そもそも、iPad mini2のWi-Fi版を持っているし、 2から3になって変わった点といえば、指紋認証センサー(TouchID)とゴールドがカラバリに追加されただけで、中身や外観はほとんど一緒。なので、即ヤフオクかな~と思ったけれど、ルータを持ち歩かなくていいデータ通信モジュール入り、せっかくのゴールド、iPad mini 2のWi-Fi版もまだ中古市場ではそこそこ高値と言うことで、2を売って3使おうかなと。

量販店のポイントをフルに使える

iPad mini 3は64GBのモデルにしたのだが、家族まとめて割とiPhone4sの下取りを引いて36,180円。そこから、家電量販店でアップル製品を買ってもポイントが付加されないので、これを機にと貯まっていたポイント全てを使って現金支払い0円で一番無駄なくポイントが使えた。

ランニングコスト自体は可もなく不可もなく

ランニングコスト自体は確かにiPad mini 3単体で見ればかなり安いが、現状はまだシェアパックに2回線しか無いので割高。この後、嫁の回線を入れたり、あわよくば親も巻き込めばかなりランニングも落ち着くかなとは思ってるが、今はまだなんとも。

ただ、「CBをそこそこ貰ったから、そんなに損はしてない感じがするからいいや」という感じ。

 f:id:nekosogiradical:20150222232757j:plain

 

最後に

今回、MNPした番号が実は携帯電話を初めて持った時の番号で、色んな所で使っているので、捨てることはできなかったのでちょうどよかった。

ただ、どうしても欲しくて買ったわけではないのが少し微妙だったかなーでも、トータルで50,000円分のCBもらえたしいっか。

端末のレビュー的なのはまた次回。root取るかどうかも迷い中。