読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

ANA機内販売限定「ハンディーステンレスボトルさくら2015」を買った

f:id:nekosogiradical:20160111085704j:plain

ここ数年ANAがこの時期に機内限定で販売しているスターバックス社とのコラボ商品のサクラデザインのステンレスボトル。昨年のデザインは特に良くてかなり欲しかったけど、ANAに乗る機会も乗る予定のある人も周りに見つからず断念した。

ANA機内販売限定「ハンディーステンレスボトルさくら2015」

f:id:nekosogiradical:20150316224642p:plain

ANA機内販売のデジタルブックより転載 ANA SKY SHOP(機内販売)│航空券│ANA国内線

2014年はボトルに描かれているワンポイントの飛行機はANAのトリトンブルーだったのに、今年は青一色で「えっ?手抜き?」と思ったりもしたけど、今年のモデルはスターバックの店舗で売っていない全く新しいデザインでよりレア度がアップ!

かなり短い期間限定販売

去年は発売して10日程で国内線モデルは売り切れ。今年は3月14日の北陸新幹線開業で帰省し、その復路でANAを使えばもしかしたら買えるかも?との思いで、以前の記事には望み薄過ぎて書かなかったけど復路はANAにした。

 

北陸新幹線と飛行機の損得をシミュレーションしてみた - ごにょごにょブログ

 

ダメ元で乗ってみたら…

離陸して安定飛行に入ってしばらくすると機内アナウンスで「(期間限定のステンレスボトルが)若干ではあるが在庫がある」と。すると、たちまち数人の搭乗客がCAさんを呼び寄せ、完全に一歩出遅れてしまった。何とか声を掛けた時には「在庫の確認をして参りますが、完売しているかもしれません」と言われ、待つこと数分「お待たせしました、最後の1つが残っておりました」とのことで無事にゲット。

“機内販売でもSuicaが使えるようになった”と何かで読んだ覚えがあり、「Suica払いで!」とカッコよくキメた(!?)つもりが残高不足で空の上ではアプリからのチャージが出来ず結局は現金払いしたのはここだけの話し。

f:id:nekosogiradical:20150316123100j:plain

つい、嬉しくてパッケージをその場で撮影。

 
f:id:nekosogiradical:20150316233821j:plain
カードとチケットは家で撮影。

カードはボトルと基本デザインは同じだけど、サクラがより飛行機から舞い降りている(?)感が。ドリンクチケットはさり気なく飛行機のワンポイントが入っていて、コーヒー豆と同じように金色になっている。

税込4,500円は得か?

このセットは税込4,500円で「ちょっと高いかな?」と思ったけど、ボトルはこれなので約3,000円。

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.35L パウダーピンク JNL-350 PWP

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.35L パウダーピンク JNL-350 PWP

 

スターバックスカードは既にモバイルで使っているので実用することは恐らくない。
それにカード自体は店舗でも1,000円以上のチャージをすれば発行してもらえるので0円(希少デザインだから0円とするのは心苦しいけど)

チケットはこのボトルに入る一番高い飲み物を探してみたら、スターバックスリザーブ(注文後に豆を挽くところからやってくれる)がトールで780円。

なので、実質は約3,800円で差額にすると700円。
個人的な感覚としては、この限定発売品としては結構良心的な価格設定だと思う。

 

ただ、やっぱりデザインが女子向けだね。