読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごにょごにょブログ

カメラ、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

Canon EF50mm F1.8 STMの発売が決定!

カメラ・スナップ 新商品・ニュース

通称:撒き餌さレンズ の EF50mm F1.8 II が25年の時を経て、新たに EF50mm F1.8 STM としてキヤノンから発表された。

キヤノン:ロングセラーの単焦点レンズをリニューアル“EF50mm F1.8 STM”を発売

特長紹介ページもしっかり用意されていて、一眼レフ初心者にもわかりやすい作りになっている。

キヤノン:EF50mm F1.8 STM 特長紹介

スペックはリークとほぼ一致

以前から製品仕様(スペック)はちょくちょくリークされており、今日の公式発表と照らしてみるとほぼ一致していた。「手ブレ補正が付くのでは?」との期待があったものの残念ながら見送られていた。安くて、軽くて、小さいをウリにしている以上は致し方無いか。

EF50mm F1.8 STMに思うこと

個人的に気になったところだけピックアップしてみる。(詳細は公式サイトで)

STM採用

商品名にSTM(ステッピングモータ)と付いているのもあって、これが今回の目玉かと。EF50mm F1.8 II では「ジー…ジジジジ…ジジ」ってな感じで、AFの合焦までに時間を要していたが、STMの採用によって合焦までの時間が大幅に短縮される。

フォーカスリングの形状変更

EF50mm F1.8 II ではフォーカスリング(ピントリング)がレンズの一番先っぽにあって、更にはリングの幅が狭くてあまり操作性が良いと言えなかった。

それらが今回は改善されているので、使い勝手も良くなってる…はず。
できることなら、フォーカスリングにもう少し重みがあるといいのだが…それは、実物を触ってからのお楽しみかな。

最短撮影距離がレンズ面から約26.7cmに

EF50mm F1.8 II を使っていて感じるのが、AFの遅さやフォーカスリングの軽さよりも、被写体に寄れないことが一番不満であった。これまではレンズ面から36.5cmだったのが、10cm近くも寄れるようになったので花やメシ撮りにも使える。

価格はメーカー希望小売価格で19,500円(税別)

スペックこそ漏れていたものの、価格については予想に結構な幅があったように思う。
19,500円(税別) 】が正式発表となったメーカー希望小売価格だが、既にアマゾンでは16,000円台(5/11 22:00現在)となっている。 

現行のEF50mm F1.8 II が10,000円近くしているので、25年の年月を7,000円で埋めることができるのであれば十分この価格設定は許容範囲だと思う。

最後に

最近は1本のレンズがカメラ本体よりも高いことに慣れてきしまい、「16,000円のレンズなんて、とりあえず買っとけばいいや」と思っている自分がいる。

ただ、APS-Cでこのレンズを使うとキヤノンの場合は1.6倍になるので35mm換算で80mmとほぼ中望遠域となって、個人的な用途としては使い勝手があまり良くない。それこそ、ポートレートをやるなら直ぐにでも手を出すだろうけど…

なので個人的には、EF40mm F2.8 STM(換算64mm)や、

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

 

EF-S24mm F2.8 STM(換算38.4mm)のパンケーキレンズがF2.8だけど、似たような価格帯で使い勝手がいいかななんて。 

 

でも、結局どのレンズを買ったとしても土日にカバンに入れるのは、α7とSEL35F28Zのセットなんだよなぁ〜まぁ、本体とレンズで何倍違うかって話しだけど…

takaclog.hatenablog.com