ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

青春18きっぷの思い出

f:id:nekosogiradical:20080728135323j:plain

※奇跡的に当時使用した(この時点では使用前だけど)青春18きっぷの画像が出てきた

 

別に淡いとか甘酸っぱい何かがあるわけではなく、青春18きっぷの時期だな、と。

大学時代は今みたいに暇さえあれば新幹線や飛行機に乗って、ふらっと旅行するほどの金銭的な余裕は無かった…が、時間だけはあった。

そこで貧乏学生の強い味方「青春18きっぷ」には何度もお世話になった。

今の自分とは全く別人だ。

青春18きっぷで行こう2015夏編 2015年 08 月号 [雑誌]: JTB時刻表 増刊

青春18きっぷで行こう2015夏編 2015年 08 月号 [雑誌]: JTB時刻表 増刊

 

 

金沢⇛東京への旅行

青春18きっぷを使った旅行の一つが、東京への旅行だった。

上越側(直江津、高崎経由)と東海道側(米原、名古屋、静岡経由)の2つがあるが、東海道側の方が早く着くし景色もいい具合に変わる。

現在の時刻表にはなるが、ジョルダンで18きっぷ利用時の西金沢⇒東京の移動を調べたらこんな感じでほぼ当時と変わらないと思う。

■西金沢
|  北陸本線(福井行) 172.9km
|  06:21-07:48[87分]
|  9,610円
◇福井(福井) 5番線着・4番線発 [17分待ち]
|  北陸本線(敦賀行) ↓
|  08:05-08:56[51分]
|   ↓
◇敦賀 [27分待ち]
|  北陸本線(近江今津行) ↓
|  09:23-09:41[18分]
|   ↓
◇近江塩津 [24分待ち]
|  北陸本線新快速(米原経由姫路行) ↓ 中~後
|  10:05-10:42[37分]
|   ↓
◇米原 [18分待ち]
|  東海道本線(東海)(大垣行) 341.3km
|  11:00-11:32[32分]
|   ↓
◇大垣 [9分待ち]
|  東海道本線(東海)新快速(豊橋行) ↓ 中央
|  11:41-13:08[87分]
|   ↓
◇豊橋 [15分待ち]
|  東海道本線(東海)(浜松行) ↓ やや前・やや後
|  13:23-13:57[34分]
|   ↓
◇浜松 [13分待ち]
|  東海道本線(東海)(静岡行) ↓ 前~後
|  14:10-15:20[70分]
|   ↓
◇静岡 [3分待ち]
|  東海道本線(東海)(熱海行) ↓ 中央
|  15:23-16:41[78分]
|   ↓
◇熱海 [5分待ち]
|  東海道本線(東日本)(前橋行) 104.6km
|  16:46-18:30[104分]
|   ↓
■東京 7番線着


米原に出るまでがキツい

実家の最寄り駅である西金沢から米原まで約3時間20分。

ここで心が折れる。

特に特急電車の通過待ちの間が。

景色も大きな変化はない。

福井と滋賀の間はトンネルが続いて電波も不安定。

 

米原まで出ればしばらくは乗車時間も待ち時間も短いので比較的楽。

大垣から豊橋は新快速に乗れて4列シート(2列-通路-2列)の車両がある。

ここで米原辺りで買った駅弁も食べれる。

福井といえば、鯖寿司でしょ。

浜松から東京までもキツい

二度目の心がボキッと折れるポイントは浜松から都内へ向かう東海道線。

浜松から東京まで約4時間20分掛かる。

途中に静岡と熱海で乗換があるものの数分で次の電車が出るので、改札を出る余裕もない。

約12時間の移動の末

朝の6時半ごろに出発し東京駅に着くのは夕方の6時半で12時間超。

ただ、いつも東京まで我慢できず、横浜駅で降り関内に向かって中華街で夕飯を食べてた気もする。

それで一日が終わる。

金沢⇒東京へは半日で着くが…

青春18きっぷは5枚綴りで11,850円(当時は11,500円)なので1枚2,370円。

ビジネスホテルに宿泊したとしても割り勘すれば片道5,000円で東京まで移動できる。

理想は帰りも同じように帰ればより安く済ませることができるが、さすがにそれはツラいので夜行バスで帰ってたと思う。

 

最後に

今でも時間さえあれば青春18きっぷを使って、のんびりとどこかに行きたいとも思う。

青春18きっぷで楽しむおとなの鉄道旅行 (だいわ文庫)

青春18きっぷで楽しむおとなの鉄道旅行 (だいわ文庫)

 

 ちなみに、今夏は9月10日木曜日までとのこと。

では、よい青春18きっぷライフを。