読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごにょごにょブログ

カメラ、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

電動シェーバーは意外な消耗品ビジネスだった件

お得

消耗品ビジネス』と聞いて真っ先に思い浮かぶのはプリンター(複合機含む)。

例えばキヤノンのインクジェットプリンタPIXUS IP2700はアマゾンで本体が約3,200円。

Canon インクジェットプリンタ PIXUS IP2700 文字がキレイ 顔料ブラック+3色染料の4色インク エントリーモデル

Canon インクジェットプリンタ PIXUS IP2700 文字がキレイ 顔料ブラック+3色染料の4色インク エントリーモデル

 

 

でも、交換インクはブラックが約2,000円。

Canon キヤノン 純正 インクカートリッジ BC-310 ブラック BC-310

Canon キヤノン 純正 インクカートリッジ BC-310 ブラック BC-310

 

カラーが約2,200円。

Canon キヤノン 純正 インクカートリッジ BC-311 3色カラー BC-311

Canon キヤノン 純正 インクカートリッジ BC-311 3色カラー BC-311

 

併せて買うと4,200円で本体より高くなる。

 

この他に、ネスカフェのバリスタも。 

本体が約5,500円に対して、詰替え用が約800円で30杯用だから1杯約26円。

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631

 

 

ネスカフェ 香味焙煎 エコ&システムパック 深煎り 60g

ネスカフェ 香味焙煎 エコ&システムパック 深煎り 60g

 

 

toyokeizai.net

 

電動歯ブラシも本体が約6,000円で、替えブラシが4本で3,500円。

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー【歯垢をブロック】 プラークディフェンス グレー HX6291/24
 

 

このソニッケアーを2年近く使っているけど、今ではこれで磨かないと磨いた気にならない程に。

 

消耗品ビジネスは別名『ジレットモデル』とも言われるように、カミソリの刃も同様で、これが一番えげつなくて本体と替刃のセットが約800円で、替刃が8個入りで約2300円と本体価格の4倍。

ジレット プログライド フレックスボール パワーホルダー 替刃1個付

ジレット プログライド フレックスボール パワーホルダー 替刃1個付

 

 

ジレット プログライド フレックスボール パワー 替刃8個入

ジレット プログライド フレックスボール パワー 替刃8個入

 

 

さて、前置きが長くなったが、【電動シェーバ】もまたこの仲間の一つだった。

 

先日、電動シェーバを不注意で落下させて、外刃と内刃の両方が損傷した(凹んだ)。

使って使えないことはないが、変な音がするし、電動シェーバの刃の寿命は2年程度らしいのでこの機会に新しくすることにした。

機種名(ES-ST23)を入れて替え刃を調べてみると、セット替刃は『ES9013』。

ラムダッシュ ES-ST23 別売オプション | メンズシェーバー | Panasonic

 

アマゾンで調べると約3,800円、ヨドバシ・ドット・コムもほぼ同じであった。

Panasonic ラムダッシュ替刃 (セット) ES9013

Panasonic ラムダッシュ替刃 (セット) ES9013

 

 

本体を10,000円前後で買ったのに、替刃が4,000円近いことに違和感を覚え(2,000円前後かなと)、現行機種で同じ替刃を使う最も安い機種(ナンバリングが若い)を調べたところ『ES-RL13』と判明。

アマゾンでは3,000円に少し足が出ているが、ヨドバシ・ドット・コムなら実質価格で3,000円を切っている(3,330円に10%ポイント還元)。

Panasonic メンズシェーバー 3枚刃 黒 ES-RL13-K

Panasonic メンズシェーバー 3枚刃 黒 ES-RL13-K

 

 

同じ替刃なら新品の本体一式を買って取り外して使える。

プリンタだと最初はお試しインクとして市販品程は入っていないことが多いらしいが、電動シェーバの場合は刃が錆びてたり、切れ味が悪いなんてことはまずない。

本体一式が3,000円、替え刃(外/内)が3,800円。

本体はゴミとなるが800円はランチ一回分に相当するので、「本体を買って取り外す方で!」と本体をポチッとした。

ヨドバシ・ドット・コムの当日配送に間に合い、帰宅後に商品が届き説明書の手順で無事交換を終えた。

 

最後に

損傷した刃もまったく使えないわけではなかったので、外刃の凹みにはティッシュを詰め込んで凹みを戻し、内刃の凹みはピンセットで試行錯誤し、完全には戻らなかったけど異音がしないレベルにまでは戻すことができた。

それを今回買った本体に装着してはみたがそこは最安モデルで、動作音は鈍く(刃の往復する回数が少ない?)あえてこっちを使う理由は見当たらなかった(置き忘れリスクのある実家への帰省時や、国内外への旅行時くらいかな)。

 

それにしても、本体より替刃の方が高いってのはどう考えてもおかしいよなぁ…

 

もったいない〔完全保存版〕 (マガジンハウス文庫)

もったいない〔完全保存版〕 (マガジンハウス文庫)

 

プリンタならインクが切れたら印刷できないし、髭剃りだって錆びたり欠けたりして切れ味が落ちるけど、電動シェーバの刃なんて説明書に交換の目安は書いてあるけど、2〜3年使っても切れ味はそんなに落ちないのに律儀に守って交換している人って多くないと思うんだけど…