ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

ライフログリストバンドのUP by Jawboneを買ってみた

f:id:nekosogiradical:20160124135714j:plain

先のアマゾンの『家電タイムセール祭り』で「何か良いものはないか…」と物色してい見つけた『UP by Jawbone』。いわゆる日々の活動(ライフログ)を記録するリストバンド。

UP by Jawbone | A smarter fitness tracker for a fitter you

通常だと5,000円強なのが(出始めの頃は10,000円強)、タイムセールで2,500円弱でちょうどアマゾンのアフィリエイト報酬のギフト券があったのでダメ元で買ってみた。

スマートウォッチ肯定派として

自分はソニーのSmartWatch、そして後継機のSW2を使っているのもあって、スマートウォッチ自体は肯定的に捉えている。

SONY Smart Watch 2 SW2 ブラック シリコン 【並行輸入品】
 

そして、このSW2の寿命が近くなってきたので、次のスマートウォッチを物色しているとライフログ機能が搭載された機種が多く見受けられる。

ただ、次に購入する機種でライフログの機能の搭載をどれだけ重視するか、自分は日常的に腕時計をするのですら抵抗があって、ライフログが得られるとしても使い続けられるか疑問が残る。

 

時計+ライフログはリストバンド型

ライフログを取るガジェットにはリストバンド型が多く、時計と兼ねられるようになっている。

アップルのApple Watch

ソニーのSmartBand

フィットビットなど。

これらのリストバンド型には内側にセンサーが付いていて心拍数などの情報を得て、昼夜どころか就寝時の装着を推奨するものだってある。

これらの製品はダメ元で買うには少し高いので、まずはこの手の製品を24時間付けていられるかを試すべくこのUP by Jawboneを購入した。

装着感

特にアンボックス的なものはやらないので、さっそく装着してみた感じになるが、Lサイズを購入したのもあってゆとりがあって締めつけ感はない。

f:id:nekosogiradical:20160125212503j:plain

どっちが上でどっちが下かはわからないが…

f:id:nekosogiradical:20160125212511j:plain

特に付けていて重いと感じることはないが、キーボードを打ってる時は腕時計と同様に邪魔に感じるが…慣れるだろうか?

 

万歩計として

ライフログ的な部分だが、この手の製品にはGPSを使った位置情報や心拍計を使った心拍数の記録機能があったりするが、これはほぼ万歩計機能のみである。

f:id:nekosogiradical:20160125231009p:plain

スマホでは初期セットアップ時に性別や身長、体重などの基本情報を入力しているので、データを取り込むと歩数から消費カロリーが計算されて情報をビジュアル化して見せて(魅せて?)くれる。

プラスαの部分

ただの万歩計ならわざわざスマホと連携せずに歩数表示するディスプレイがあれば良いのだが、これは『スマホと連携する』ことで万歩計にプラスαの機能が備わる。

f:id:nekosogiradical:20160125231720p:plain

これらの拡張機能が利用できるが、ひとまず使っていきたい機能を中心にご紹介。

睡眠モード

就寝中にレム睡眠とノンレム睡眠の時間を記録してくれる。

f:id:nekosogiradical:20160125230909p:plain

目覚めた回数まで記録してくれるのはオモシロイ。

Smart Alart 

数年前にiPhoneアプリでレム睡眠とノンレム睡眠を感知して目覚めがいい浅い眠り(レム睡眠)で起こしてくれるアプリが登場したが、それに近い機能が搭載されている。

快眠サイクル時計 [目覚ましアラーム]

快眠サイクル時計 [目覚ましアラーム]

  • Ateam Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

音ではなく振動で起こすので、朝焼けや日の出を撮りに行く時のように自分の起きたい時間に自分だけが起きられるのもいい。

アイドルアラート

仕事柄一日中パソコンと向き合うことが多く、ヘルニア持ちの自分は医者から「1時間に1回は軽いストレッチや歩いた方がいい」と言われているが、気が付けば2時間連続で座っていることがザラにある。

このアイドルアラートでは、一定時間動いていないと(歩数?)振動で通知するようにでき、曜日&時間帯で対象となる時間を設定ができるので、帰ってリラックスして本を読んでいる時に「動け!」と言われることはない。

この動きを習慣にすれば腰痛は自分で治せる! (じっぴコンパクト新書)

この動きを習慣にすれば腰痛は自分で治せる! (じっぴコンパクト新書)

 

 

 最後に

使い始めてまだ2〜3日しか経っていないが、あまり付けていることへの違和感はないが、色が水色に近い青ってのがちょっと…もう少し暗めの方が…

「万歩計としての精度が悪く2倍近くズレる」とのレビューも目にしたので、iPhoneのヘルスケアアプリで確認してみたが差は10%以下だったので、大きくズレていることは無さそう。

 

不便に感じたことは、睡眠時にはバンドの先スイッチ長押しして睡眠モードに入れ、朝起きると睡眠モードを解除してやらなければならなかったり、スマホへのデータ転送はイヤホンジャックを経由するのでBluetoothより手間が掛かることかな。まぁ、2年以上前の機種で2,500円だし…

ひとまず、ファーストインプレッションとしてはこんな感じかな。

あと、バッテリーが10日程持つそうだけど…何となく厳しいような…