ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

富士通 arrows M03はSIMフリーガラスマの決定版?

f:id:nekosogiradical:20160803233503j:plain

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/06/28.html より画像転載

これまで何度も言ってきたが自分はおサイフケータイ大好きっ子なので、おサイフケータイのないAndroidスマホには興味があっても購入に踏み切ることはない。本音ではNexusがとても魅力的なんだけど…

基本的なスタンスとしては、スマホとしてはiPhoneが安心して使える(信頼性が高い)からメインはiPhoneだけど、おサイフケータイの便利さとバックアップとしてのAndroidでの2台持ちをスマホ・デビューした2010年から変えていない。

MNP高額CB規制で2台持ちがツラい…

iPhoneとAndroidを1年ずらして契約し、毎年MNPでキャリアを移り高額CBをゲットして低コストで2台持ちができていたのが、今年に入ってからはお国がMNP優遇措置を規制したことで2台持ちのコストが跳ね上がった。

さらに不運なことに「Xperia Z3のスペックなら2年以上使えるだろう」と踏んでいたのが、まさかのタッチパネル不調から修理するもまた故障…

gonyo.hatenablog.com

gonyo.hatenablog.com

現在はau版Xperia Z1(SOL23)にmineo(au系MVNO)のSIMを挿れているが、発売から2年以上経って電池もそれなりに劣化し、Androidのバージョンも4.4.2と2世代遅れで「そろそろ買い換えたい」と思うも、MNPの高額CB規制に加えて格安SIMが一般化してきたからか白ロム市場が高止まりしていて次の機種を選べずにいた。

 

arrows M03はSIMフリーガラスマの決定版?

先月(2017年7月)下旬から発売開始となった富士通のarrows M03(以下、M03)は、SIMフリーでありながらガラケー機能(おサイフケータイとワンセグ)を備えてOSは最新のAndroid 6.0を搭載していることから、現時点におけるSIMフリーガラスマではとても魅力的な端末となっている。

www.itmedia.co.jp

価格はMVNO各社で異なるが大体33,000円±2,000円、量販店だと40,000円前後が相場で、Androidスマホの必須要件のサイフケータイ機能付でかつ低価格のこれがとても気になっている。

 

FARM06102 [arrows M03 黒]
 

 

キャリアのAndroidスマホよりもトータルではおトク

ドコモなどのキャリアからAndroidスマホを買う場合は、実質負担金2〜3万円と提示されているが、これは24ヶ月間毎月一定額を割引くサービスを適応した場合であり、端末の販売価格(一括払いでの支払額)は8〜9万円で24ヶ月間継続利用するとコミコミで20万円くらいになる。

通話し放題などを目的に2年間継続してキャリア契約を続けるのであればキャリアから端末を購入した方がトクだが、格安SIMで使う場合は24ヶ月トータルでの金額はキャリアの半分程度まで圧縮することも可能で、2台持ちなら1台は格安SIMを入れないとランニングコストが…

中古スマホよりおトクなことも

そもそもガラスマを購入する場合は、SIMフリーで買える製品はかなり少ないのでキャリアの販売した端末を中古で入手するのが一般的だった。

調達先としてオークションサイトもあるが、出品者とのやり取りが煩わしかったり、オークション形式自体が好きではないので(ワンプライスがいい)、個人的にはムスビーを利用している。

ただ、最新機種でかつ新古(ほぼ未使用)だとキャリアの一括払いとあまり変わらなかったりするので、1年くらい前の機種(40,000円くらい)で狙い目だが次期OSへのバージョンアップ予定がなかったり、メーカー保証が切れていたりするリスクを許容しなければならないことを考えれば、新品購入で現時点で最新OSが搭載されているM03を選ぶ意味はあるかなと。

富士通 arrows M02との比較

M03の前機種にあたるarrows M02(以下、M02)から変わった主な点。

  • ディスプレイ:有機EL → IPS液晶
  • カメラ(背面):約810万画素 → 約1310万画素
  • カメラ(表面):約240万画素 → 約500万画素
  • バッテリー:2330mAh → 2580mAh
  • Android:5.1 → 6.0
  • ワンセグ:× → ○

この中でもカメラ性能向上とAndroidのバージョンが注目すべき点になるのかなと。

また、デザインはM02は富士通感がよく出ているけど、M03は某ペリアに寄せたのか垢抜けた感じが…

IIJのサイトではM02とM03を並行販売していて、価格はM02が27,800円、M03が32,800円(いずれも税抜き価格)と5,000円の差があるが、個人的にはそれだけ払ってもM03を選ぶ価値は十分にあると思う。

あとUSBの口がキャップレス防水になっているのもいいね。

(SIMフリー)arrows M02 Black

(SIMフリー)arrows M02 Black

 

 

シャープ AQUOS mini SH-M03との比較

M03と同時期に発表されたシャープのAQUOS mini SH-M03(以下、SH-M03)。 

スペックはわずかにSH-M03の方が上だが、価格は約45,000円でM03と1万円以上の差があり、auの主力バンドのLTE 800MHzに対応していないので、mineoを継続利用するつもりの自分には選択肢から外れることになる。

www.itmedia.co.jp

 

富士通 arrows M03を買うには

キャリアから発売されるスマホはキャリアのショップ、キャリアのオンラインサイト、家電量販店などで購入することができるが、SIMフリーのような一つのキャリアに縛られないスマホはどこで手に入るか。

格安SIM利用者なら使っているMVNOのサイトへ

使用中の格安SIMがあればMVNOのサイトで取り扱いを確認。

ざっと調べたところ下記のMVNOでは取り扱いがあった。

NifMoは富士通系のMVNOだからかキャッシュバックもデカい。

 

使っているMVNOのサイトに取り扱いがなければ量販店で

使用中の格安SIMのMVNOサイトで取り扱いがなかった場合には、多少割高ではあるが家電量販店で購入する方法もある。

価格や在庫はその時々によるのでカカクコムのリンクを。

kakaku.com

記事公開(2016/8/3)時点での最安は39,800円なので10,000円ほど高い。 

 

最後に

少なくても現時点においては、SIMフリーでかつおサイフケータイが使える機種の中ではコスパはとてもよく、ジャイロセンサーが搭載されているので今話題のポケモンGoも遊べる。

個人的にはこの記事を書いている途中まではM03を購入するつもりで、ケイ・オプティコム(mineo)限定カラーを狙っていた(発売開始予定の9月)…のだが、ムスビーや楽天を見てるとXperia Z4(SOV31)未使用品が40,000円を切っている…

そうそう、au系でVoLTE対応端末(M03やSOV31など)に機種変更する場合はmineoのSIMもVoLTE対応SIMへの切り替えが必要。