ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

Amazonプライム・ビデオで『24 -TWENTY FOUR -』にハマってブログが書けない件

f:id:nekosogiradical:20161106214832j:plain

Amazonのプライム会員であれば国内外の映画やドラマ、アニメなどが無料で見られるAmazonプライム・ビデオ。

月に1~2本ペースで映画を見ていて、絶対に見ておきたいと思っていた作品は見終えて、ドラマのラインナップを見ていた時にふと目に留まったのが24 -TWENTY FOUR - (以下、24)だった。

24 -TWENTY FOUR- 10周年記念コンプリートDVD-BOX

24 -TWENTY FOUR- 10周年記念コンプリートDVD-BOX

 

 

 

※以下、ネタバレはないのでご安心を

24は名作中の名作なので今さら説明する必要はない気もするが、一応Wikipediaからこの作品の特徴を引用しておく。

複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する[5]。非常にテンポが速く、かつ複雑に進行する物語が特徴的でこの作品の魅力である。また、極めて多い登場人物、予想を裏切るストーリー展開、ズームと意図的な手ぶれを多用したドキュメンタリー映画のような映像が特徴である。また、画面を多分割して同時進行する事態を描写する「スプリット画面」もあり、初期のシーズンでは多用されていたが、シーズンが進むにつれてCMの前後などでしか使用されなくなっている。スプリット画面やCMの前後などでは24時間表示のデジタル時計が登場し、ストーリー中の時刻を伝える。

24 -TWENTY FOUR- - Wikipedia

ガジェットやカメラのレビューはできても、小説や映画、ドラマのレビューはまったくできないので「どこが面白かったか?」と聞かれても返答に困るが、一度見始めると次へ次へと進まずにはいられないほど夢中になってしまう。

 

24は最新作のシーズン9を除くシーズン8までプライムビデオのラインナップにあって、シーズン1を見るだけで単純計算で約18時間(24話*45分=1080分)、シーズン8まですべて見ると約144時間にもなる。

これまで平日は21~25時までの4時間を使って、週前半は土日で撮った写真をRAW現像し、後半はブログを書くような生活をしていた(ブログは基本的に書き溜めて平日朝8時に予約投稿)。

しかし、ここ数日は23~25時に24を見ているので単純にRAW現像やブログを書く時間が半減しているのに加えて、今月下旬に計画している旅行が思った以上にスケジュールや予約で難航しており、ブログ記事のストックは尽き先週はたったの一本しか記事を投稿できていない由々しき事態となった…

takaclog.hatenablog.com

 

24はまだシーズン2に突入したばかりで、平日2時間・土日3時間ペースで毎日欠かさずに見ても9週間は掛かる計算で軽く年を越してしまう。そもそも、「24は吹替版があるからRAW現像したりブログを書きながらで見ればいいや」と思っていたのが、物語の展開がとても急で到底『ながら』で見られる作品ではなかった…

それでもこの土日は溜まっていたRAW現像をするために24を見るのは控えていたが、もう一つ気になっていたウオーキングデッドをパソコンの隅で再生していたらこれもまた見入ってしまい、こっちは字幕版のみで結局『ながら』はほとんどできず…

 Amazonプライム会員を退会する気はサラサラないので、急いで24やウオーキングデッドを見なくていいのだけれど、プライム・ビデオは期間限定の作品もあって公開終了目前の作品をながめていて「うわ〜これ気になるなー」ってのが出てくる。すると、半分くらいは「こういう感じね~別に(見なくて)いいや」と最初の10分くらいで閉じるが、半分くらいは最後まで見てしまって意欲的に見ていかないと終わる気がしない…

プライム・ビデオで視聴している9割以上が洋画作品だが、邦画作品では孤独のグルメをウォッチリストに入れているが深夜に見るのは非常に危険なのでほとんど進まない…

そんなわけで最近のブログの更新ペースが落ちている言い訳理由は以上。

「これからは心機一転、ブログを毎日更新して24を見るのは控えます!!」と言えるほど強い心を持っていないので、「多少更新の頻度は下がるかもしれないけど、あまり間隔を空けないように更新していくつもりです」と言うことでご理解いただけたら、と。

 

そうだ、プライム・ビデオの視聴は是非ともFire TV Stickで。 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

gonyo.hatenablog.com