ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

H.I.S.で夏休みの旅行計画を立ててきた

f:id:nekosogiradical:20170717213608j:plain

メインブログでフレンチランチをしたあとの話しで、ひさびさに日記(ブログ)っぽい内容。

www.takac-photo.com

食後に夏休みの計画を立てるのに旅行会社を探した。

赤坂見附駅の付近にはJTBとH.I.S.があって、まずはJTBへと向かったがまさかの土日祝が定休日。この日はとても暑かったからか土地柄かはわからないが、都会のど真ん中だと言うのに人は疎らだった。

次に向かったH.I.S.はエスプラナード赤坂商店街の中にあって、店舗は小さいが盛況で待ち行列ができていた。今回に限らず「どうしてこんなとこに旅行会社が?」と思うところほど混んでることが多い。

待つのに暇をつぶすようなスペースもないので、銀座線で渋谷へ。

渋谷駅から直結のヒカリエにあるJTBへ行くとすぐに案内されたが、こっちの条件と提示プランの金額が合わず「検討します」と言って店を後にした。

そして、次は渋谷モディの地下にあるH.I.S.へ足を運ぶと、店内はそれなりに混んでいたけど土地柄キャパも大きくて10分ほどでカウンターへ案内された。

大体の日取りと行き先、予算、そして目的(泊まりたいホテルがあった)を伝えたらすぐにいくつかのプランが出てきて、その中の一つがダントツでオトクなプランだった。

ツアー代金(ホテル+往復航空券)を宿泊数で割った金額が、外資系予約サイトでのホテル1泊分に相当していて、実質往復航空券が無料くらいオトクなプラン。とは言え、一つ予定外だったのが滞在日数が予定より1日少ないが、そのデメリットを遥かに凌駕する価格設定だったし『残り3名ですよ』と言われ即決した。

 

以下、駄文。

これはあくまで個人的な見解だが、「会社勤めしている人だとExpediaとかBooking.comなどの外資系予約サイトで海外旅行を予約するより、H.I.S.の店頭で申し込む方がおトクになることが多い」。

と言うのも、

  1. 社会人になると土日に平日をつなげて休みを取るので、出発日や到着日が金・土・日・月に集中してしまうこと(火曜出発が安い)
  2. 2〜3時間のフライトならLCCでも我慢できるがそれ以上はちょっと…
  3. 極東アジアの安価がウリの航空会社は唯一の楽しみの機内食がアレだったり、トラブル時の対応も不安なのでちょっと…
  4. 直行便がいい
  5. 安いホテルは衛生面やセキュリティが不安だから最低でもAクラス以上がいい
  6. 空港とホテルの送迎、飛行機の隣席確約オプションがあればベター

なんてのが、まさしく自分が海外旅行する上ではウエイトを置いている部分で、会社勤めしている人なら「あるある」と賛同を得られるのではないかと思う。しかし、外資系予約サイトでこれらの条件を入れて検索しても、需要がある時期はあまりおトクではないので「めっちゃ安い!」と思う結果が返ってくることは極稀。

また、あえて『ネット』でなく『店頭』としたのにも理由はある。

旅行会社の海外旅行ページは大体どこも使いづらく、条件を入れて検索してもキャンセル待ちや催行待ちだったり、詳細がPDFだったり、予約画面の入力項目がとてつもなく多かったり、「あそこのサイトはこの条件でいくら、ここのサイトはこの条件でいくら」と探しているうちにどれが本当に安いか選択肢が多いゆえにわからなくなってしまう。

その点、店頭なら「M月D日からX泊で○○へ行きたいんだけど、LCCはナシ、ホテルはAグレード以上でおトクなやつあります?」と聞けば、その条件に合ったプランを探すと同時に空席状況と合わせて確認してもらい、いくつかのプランを印刷してもらって紙を見て比較できるし(いい意味で比較対象が少ない)、ツアータイプだと一般的に求められるニーズに合うプランがあって、さらに半日から一日の現地ツアーが追加料金無しに付いてくる場合も多い。それに現地ツアーだと1〜2回は免税店に連れて行かれるが、そんなに興味がなくても「来たからには見とかないと」的な名所はバスで一通り見て回れて、交通機関を使うよりラクなので個人的には嬉しい。

ただ、H.I.S.で同じチラシの同じプランなのに1日違うだけで価格が50%近く変わることもあるので多少の日程調整(出発を土→金や金→木など)は必要となるが、そこさえクリアすれば大半の会社勤めしている人にとってはおトクであることが多いんじゃないかな、と思う。

以上、駄文。

 

最後に、H.I.S.で旅行を申し込んだら偶然利用する航空会社とのキャンペーン中で、成約特典にもらったこの扇子が今年の旅行先のヒント(ほぼ答え?)。

f:id:nekosogiradical:20170719233027j:plain

出発は9月1日。待ち遠しい。