ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機など思ったまま語るブログ

楽天SMARTTalkを使って海外旅行中に日本からの電話を安くする方法

f:id:nekosogiradical:20161002224330j:plain

海外でスマホを使う場合には【フライトモードをON→Wi-FiをON】にして、レンタルしたモバイルルータや現地のフリーWi-Fiを使う人は多いと思う。

f:id:nekosogiradical:20160908225316j:plain

この状態で音声着信があればキャリアから「090-xxxx-xxxxからの着信がありました」のSMSが圏内に戻ると届くが、海外旅行のように出国してから帰国するまで数日間ずっとフライトモード(圏外)で、帰国してようやくフライトモードをOFFにしてSMSが届き不在着信があったことに気付くこととなる。

急を要さない電話や勧誘電話であればそれでも問題ないが、身内に何かあった場合や何だかのトラブルがあった場合の着信では困ると思うし、かと言って海外での通話料は高額なので、今回は【海外にいながらも着信を安く受ける方法】を解説。 

方法1. モバイルデータ通信だけをオフにする

一番手軽なのはフライトモードを使用せずにモバイルデータ通信だけをOFFにする方法。

f:id:nekosogiradical:20160908225611j:plain

携帯電話契約時に国際ローミングに加入していれば何もせずともスマホは現地キャリアの電波を掴み、モバイルデータ通信はOFFなのでパケット通信は行わない。また、モバイルデータ通信をOFFにせずにデータローミングをOFFにする手もあるが、この場合は極稀にパケット通信が行われることがあるので注意が必要。

各種携帯キャリアの機能向上により、「データローミング」の設定をOFFにしても、ご契約の電話会社より別途通信料が発生する場合がございます。

モバイルデータ通信機能をオフにする方法を教えてください|海外WiFiレンタルなら【イモトのWiFi】

フライトモードをONにしていないので発信も着信もできるが、日本国内の通話であれば原則として発信者だけに通話料が請求されるが、一方または双方が海外にいた場合には発信者だけではなく着信側にも高額な通話料が請求される。

f:id:nekosogiradical:20160908230723p:plain

エリア・料金 | 海外で使う(au世界サービス) | au

それでも、重要な着信であれば背に腹は…だが、勧誘電話だった場合には腹立たしい思いをすることになる。 

方法2. 電話番号転送サービスを利用して050の番号に転送する

今回おススメしたいのが圏外にいて着信があった場合、自動的に別の電話番号に転送する転送電話サービスを使う方法。

「どこに(着信を)転送するか?」と言うと050のIP電話である。

IP電話は電話網だけではなくインターネット網も使うので、世界中どこにいてもインターネットにさえつながっていれば発信者は現地の国内通話料金(日本だと対固定電話は8円/3分、対携帯電話が16円/30秒など)、着信者は無料で通話ができる。

海外にいるIP-Phone SMARTに日本国内から着信する際、相手は日本国内にいるとき同様「IP-Phone SMARTの050番号」でダイヤルします。通話料は発信する電話会社の通話料によります。

f:id:nekosogiradical:20180729091834j:plain

【コラム】 詳しく知りたい、海外での使い方 | FUSION IP-Phone SMART

 

つまり、海外旅行(出国)前に自分の電話番号に掛かってきた電話を050のIP電話へ転送するように設定しておけば、海外で現地のプリペイドSIMを使っていようがフライトモードでWi-Fi接続していようが携帯電話宛の電話はIP電話に着信するのでそのまま着信に応答しても国際ローミングの通話料は発生しない。

ただ、IP電話への転送は月額や回数による費用は発生しないが(通常は国内同士だと着信側は無料だが)転送時の通話料金はキャリアとの契約している国内発信時と同等に発生するので注意が必要。それでも、通話定額サービスに入っていれば無料だし従量課金でも20円/30秒程度と上記の国際ローミングと比べれば安価に利用できる。

また、発信時もIP電話からだとおトクな通話料金となるが、着信側には050-xxxx-xxxxの番号が表示されるので着信を拒否される可能性も…?

海外でIP-Phone SMARTを使って日本に電話する際は日本国内にいるとき同様相手の電話番号をそのままダイヤルします。通話料は日本国内にいるとき同様8円/30秒です。

f:id:nekosogiradical:20180729092017j:plain

【コラム】 詳しく知りたい、海外での使い方 | FUSION IP-Phone SMART

スマホで使える050のIP電話サービス

050のIP電話は固定のインターネット回線だけではなく、スマホでも利用できる(ゆえの今回の記事だが)。

代表的な所では、NTTコミュニケーションズの050plusや楽天のSMARTalkなどがあるが、年に1〜2回程度の海外旅行時のみであれば月額基本料ゼロで発信した分だけ請求されるSMARTalkがおトク。

f:id:nekosogiradical:20160908231402j:plain  

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

  • Rakuten Communications Corp.
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

また、海外へ滞在している間はインターネットへの接続がホテルやフリーのWi-Fiスポットだけで常時つながっていないようであっても、IP電話側のサービスで不在着信時があると指定したメールアドレスへ通知することで不在着信を知ることもできるのでこの機能は事前に確認しておいた方がいい。

最後に

ここまで書いておいて言うのもアレだが、スマホとソーシャルの普及によってメッセージのやりとりやメッセージアプリを介した無料電話などで、月に1度も発着信がないことあるくらいなのであまり目からウロコ的な記事ではないかな…?

そして、インターネットを使う以上はIP電話にしかりメッセンジャーアプリの無料電話にしかり通話品質(音のクリアさや遅延の少なさなど)には回線品質に高く依存するので、「ネットが遅い…」と感じるような場所ではIP電話も聞き取りづらい可能性はあるのであまりネット環境が整っていない場所では使い物にならない…かも?

ただ、会社の出張でもしもの時の連絡先としてわざわざ海外用の携帯電話を持っていくよりは、遥かにこっちの方が使い勝手がいいと思う。