読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごにょごにょブログ

ガジェット、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

海外旅行に連れて行くカメラたち

f:id:nekosogiradical:20120705084647j:plain

海外旅行の持って行きたいシリーズはひと段落として、今回は持っていくカメラの話しなので、超プライベート。

gonyo.hatenablog.com

gonyo.hatenablog.com

 

カメラとレンズ

メインカメラ

カメラ:SONY α7
レンズ:SONY SEL1635Z、SONY SEL2870

takaclog.hatenablog.com

takaclog.hatenablog.com

サブカメラ

カメラ:Canon EOS Kiss X7
レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

takaclog.hatenablog.com

 

目論見としてはα7にSEL1635Zのセットだけでも十分な気がしているけど、フラッシュ撮影と望遠も使うかもしれないので、便利ズームを装着したX7を持っていく。これでX7が35mm換算で28.8~320mm、SONYα7が16~35mmにより実質16~320mm、デジカメ風に言えば光学20倍となる。

ミラーレス&世界最小・最軽量一眼レフのセットなら、2台持ちでもそこまで重くはならないのではと。

バッテリーとSDカード

バッテリーはα7用が3本(いずれも純正)あるが、嫁がSONY NEX-5Tを使っていて予備がないので3本フルで使えないかもしれないけど、モバイルバッテリーからUSB充電可能なので電池切れする可能性はかなり低いかなと。

X7の方は純正1本とサードパーティ1本だけど、OVFで電池持ちが良くて、こちらもUSB対応の充電器があるので問題は無いかなと。

SDカードはトランセンドの32GB(600x)が2枚、32GB(300x)が1枚、東芝のFlashAir 32GBが1枚、東芝の32GBが1枚と計160GBもあればRAW+JPEGで撮っても足りるはず。なんなら、JPEGはスマホ用だから毎晩移動してもいいかも。

 

東芝 無線LAN搭載 SDHC FlashAir Class10 32GB SD-R032GR7AL

東芝 無線LAN搭載 SDHC FlashAir Class10 32GB SD-R032GR7AL

 

三脚

三脚は迷っているけど、ツアーで行くと三脚を立ててじっくり撮る暇はないだろうから多分持っていかない。

クリーニング用品

約1週間にわたってシャッターを切っていれば、当然あちらこちらに汚れが出てくるので、クリーニング用品も必要になてくる。

レンズペン

いつもカメラバッグに忍ばせている。
レンズの汚れはクロスよりもこっちを使った方がよく落ちるし、ファインダのようにクロスじゃ拭きにくいところも綺麗にできる。
単体で買うよりもフィルタ、レンズ、ファインダの3本セットがお得だが、ほとんどのレンズにフィルタを被せているので、あまりレンズ用は出番がないけれど。

レンズクリーニングティッシュ

航空機内への液体の持込みに関する規則は厳しいので、液体タイプのレンズクリーナではなくクリーニングティッシュを。これはレンズ用のウェットティッシュみたいなもので、個別包装されているので2~3枚はカメラバッグに入れておいて残りはスーツケースに。 

ブロワー

今回はほとんどレンズ交換する予定がないので持って行かないか、スーツケースに入れておいて夜にシュポシュポやる程度かなと。 

HAKUBA シリコン ブロアー CP オレンジ KMC-42CP-OR

HAKUBA シリコン ブロアー CP オレンジ KMC-42CP-OR

 

最後に

カメラは手荷物で機内へ持ち込みした方がいい。
理由は、搭乗中にもあれこれ撮影することがあるから…なんてのもあるけど、カメラの紛失はかなり痛い。預け荷物にして雑に扱われて破損、乗り継ぎでロストバケージ(今回は直行便だけど)、間違えて(故意に)スーツケースを持って行かれた場合など。カメラは高価なものなので金銭的な損失はもちろん大きいが、何よりも旅行中のカメラがスマホしか無いなんてのは残念過ぎる。