読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごにょごにょブログ

カメラ、旅行、IT、鉄道、飛行機、投資など思ったまま語るブログ

Xperia Z3のタッチパネルの一部が反応しなくなった

スマホ・PC

昨日、メインで使っている(音声通話回線とLINEが通じている)Xperia Z3の動作がおかしいことに気が付いた。

 

バックキーとホームキーの反応が鈍い

 

当初は他のアプリが暴走して処理が追いついていないだけかと思ったが、待てど暮らせど改善する兆しはなく、本体を触っても熱くない。

なのに2〜3回に1回しか反応しない。

 

原因究明

早いうちから「タッチパネルの問題か?」と疑いはしていたけど、「1年以上使っている端末で液晶にヒビも入っていなければ、昨日・一昨日で落とした記憶もない。iPhoneは(ホームキーが)ハードキーだから効きが悪くなるのもわかるけど、Androidはソフトキーだし、一部だけが反応しなくなるなんて?」と思っていた。

しかし、何度再起動しても、SDカードやSIMカードをはずしても、1ヶ月ほど前に貼り替えたばかりのガラスフィルムもはずしても改善されることはなかった。

いよいよ『タッチパネルの動作不良説』が濃厚に…Xperiaのスケッチアプリで黒背景にして、開発者向けオプションの『タッチ操作を表示』と『ポインタの位置』にチェックを入れる。すると、タッチした部分が画面上に表示され、触っていた部分をトラッキングしてくれる。

f:id:nekosogiradical:20160411230609j:plain

 

結果…

f:id:nekosogiradical:20160411221510j:plain

1本指でタッチしているのに履歴キー(マルチタスクキー?)の上に白い丸が2つ出ていて、「2本指でタッチ(2点タッチ)している」とタッチパネルが誤認識している。そして、この白い丸2つの間から上はいくら触っても2点タップとして認識されて操作ができない(認識しない)エリアとなっていた。

 

より見やすくするとこんな感じで、白い部分はタッチパネルが認識していない。

f:id:nekosogiradical:20160411222351j:plain

かなり雑に塗っているが認識していない部分は先程よりわかりやすいかな、と。

 

バックキーやホームキーの効きの悪さを調べるべく、横画面にして塗ってみた。

f:id:nekosogiradical:20160411222837j:plain

結果は予想通り、横画面での右側が縦画面での上側となり、横画面での左側は縦画面での下側となりバックキーとホームキーの場所と重なる。

 

これによって、『原因はタッチパネルの可能性が非常に高い』と考えられる。

 

問題点

このタッチパネルの不良による影響は、「『戻る』と『ホーム』の操作が安定しない」のと、「『さ』『は』『ら』行の右フリックが認識しないので、『そ』『ほ』『ろ』の3文字が入力できない」(画面を横にする、ローマ字入力に切り替える、キーボードのサイズを変えるなどの回避方法はあれども、あくまでも一時凌ぎ)。

Xperia Z3とiPhone 6s Plusのスマホ2台持ちをしているので、基本的には「Xperia Z3でやっていたことをiPhone 6s Plusでやればいい」となるが、どうしてもそうはいかないのが『LINE』と『音声通話』と『おサイフケータイ』。

LINE

LINEで欠かせない文字入力で不自由している以上、このまま継続して使用するのは難しいのだが、Xperia Z3にLINEを入れていたのには理由があった。

  • スマートウォッチでLINEのトークがスマホを取り出さずとも確認できた(既読が付かないと言うおまけも)
  • AndroidからiPhoneへはトーク履歴を引き継げない

前者はApple Watchを買えば一先ず問題は解決するし、後者もiPad miniでLINEアカウントを登録しているのでiPad miniでは読める。

そんな訳でこれまでのXperia Z3のトーク履歴を捨て、iPhone 6s PlusにLINEアカウントを移行した。

 

音声通話

Xperia Z3にはドコモの音声定額プラン&ファミリーシェアの回線が入っている。

iPhone 6s PlusにはDMM Mobileの格安SIMが入っていて、SMSオプション契約で音声通話はできない。

Xperia Z3に入っているSIMとiPhone 6s PlusのSIMを入れ替えるのが最善策かもしれないが、iPhone 6s Plusに入っている格安SIMでは10GB/月契約をしていることから、iPhone 6s Plusでかなりのパケットを使っているのでSIMを入れ替えるのは難しい(ファミリーシェアは毎月カツカツ)。

ひとまずは転送電話を使ってXperia Z3の着信をiPhone 6s PlusのIP電話に転送することにした。音声定額だと転送も無料となるし、そもそも音声通話は月に数えるほどしかないので問題はないかなと。 

 

おサイフケータイ

一番の強敵。

「おサイフケータイのために、Androidスマホを使っている」と言っても過言ではないくらいに、おサイフケータイに依存している。

f:id:nekosogiradical:20160411230906j:plain

f:id:nekosogiradical:20160411230914j:plain

特にモバイルSuica、nanaco、Ponta、iD、ヨドバシゴールドポイントカードの利用頻度が高く、薄い財布を使っている自分には物理的にカードを何枚も持ち歩けないのでおサイフケータイは必要不可欠。

薄い財布 abrAsus(アブラサス)ブラック

薄い財布 abrAsus(アブラサス)ブラック

 

 

最後に

「これからどうするか?」って話は色々考えているけど、まとまらないので近いうちに。そもそも、「直すのか、直さないのか?」からかな。

ちなみに、補償サービスには入っていないというよりも、iPhone 6s Plusに機種変する前に契約していたのがXperia Z3だったからなぁ…

PHSと携帯の頃から10年近く続けてきた2台持ちの解消も視野に入れて、次回へ続く。

 

gonyo.hatenablog.com

 

gonyo.hatenablog.com

 

gonyo.hatenablog.com